当院のホームページを見てご来院された女性のクライアントさん。左膝の痛みを訴えておりました。話を伺うともともと左半身に症状が出やすい、とのこと。

検査をしてみると、右脚では胡座がかけますが、左脚だと膝周辺に痛みが出て胡座がかけません。首も、顔を左に向けると痛いようです。

いつも言うことですが、患部(つまり左膝)に原因はありません。身体のバランスが崩れたことで、左膝に負担がかかり痛みを出していると考えます。

この方の場合、左の股関節にだいぶ負担がかかっていました。まずは仰向けで膝をたててもらい施術に入ります。施術というよりセッションに近いです。

 

気持ちよく、両膝を動かしてもらい、腰や背中に気持ちよさを感じてもらいました。この気持ち良いという『快』の刺激を味わうことがポイントです。そうすると身体のなかで自然と調整されていきます。

また仰向けの状態で両膝を立て、左右に倒した際に左の腰に違和感がありました。

当院で行う手技『操体法』では、痛みから逃げる動作もしくはより心地よいと感じる動作をしてもらうのが鉄則です。今回も痛いほうから痛くないほうへ両膝を動かしてもらいました。

私はいつものようにクライアントさんの身体を支え、動きについていきます。この時もしっかりと感覚を味わっていただくのです。そうすると、やはり腰の違和感は消えました。

 

起き上がって再度、胡坐をかけるかチェックします。先ほど左脚ではかけなかった胡坐が出来るようになりました。痛みも無く胡坐がかけることに不思議がっていました。初回の時点で、10あった痛みが2ぐらいまでになったとのこと。

その後、2回目の施術に来られたときは『日を追うごとに良くなっていってます』とのことでした。

現在、3回施術を終えたところですが、当初の痛みはほとんどなく、快適に過ごせているとのことでした。今後はメンテナンスで通院する程度で問題はなさそうです。

大好きなバレエも再開し、踊れるのが嬉しいと仰っていました。

良いお手伝いができてうれしく思います。

 

—————————————————————–

私はこんなことをしています↓

『味わう整体院』早稲田駅前整体院yabecafeは慢性症状専門の整体院です。

当院の施術イメージ及び院内のイメージがお分かりいただけるインタビュー形式の動画です。

↓↓↓

www.youtube.com

東京メトロ東西線早稲田駅徒歩30秒。

Tel:03-6228-0355 (スマホからタップできます)

料金表はこちら  お問い合わせはこちら