注意!たかが足首、されど足首

当院でも腰痛の症状でお困りでご相談されるケースは多々ありますが、
皆さん一様に【足首が硬い】パターンが多いです。

 

ところで、足(脚)、うまく使えてますか??

足首が硬いと、足の外側に体重が乗っかる(負荷がかかる)状態になり、脚全体の筋肉も、うまく使えるところや
全然使えないところが出てきて、偏った(脚の)使い方になります。

そうすると、お尻の周辺が硬直し、股関節(骨盤)のバランスも偏り左右差が生じる等、不都合が出て腰にも影響が出てきます。

 

足首の硬さチェックをしてみましょう♪

足首の硬さを確認する際に手っ取り早いのは、【しゃがむ】ことができるかどうか。
例えば、(最近は少なくなりましたが)和式のトイレを使えますか?

うまくしゃがめない方は足首が硬くなっている証拠です。

足首の硬さはいずれ膝や腰に影響を及ぼします。
足首を調整し可動域を広げてあげる必要があります。

自宅で出来る【足首】のセルフケアって??

【足首回し】

椅子に座り、左膝の上に右足を乗せます(逆も然り)、右手で右足の5本の指を覆うように持ち、左手で右足の踵を押さえます。
両手をテコのように使い、足首を右回しに10回~20回、左回しに10回~20回、を1セット目処に行いましょう。

足首(踵)を回すことにより、脛の骨も連動し調整されますので、膝にも良い影響を与えることができます。

足首からつま先にかけてはとても複雑な構造

↑こんなに沢山の骨が密集しているのって、足以外にはありません。土台の重要性が伺えますね。

繰り返しますが、足首が硬いと、膝や股関節にも悪い影響が出ます。
各々の関節は一つの動きで連動して動いています。

ですので、そのバランスが崩れると、連動性が崩れ、関節や関節付近の筋肉のバランスが崩れてしまい痛みを起こします。

 

まとめ

・足首は腰痛の要。常に柔らかく、可動性を高めておくこと。
・足首~つま先にかけては複雑な構造。とても大切な場所。
・足首回し等のセルフケアを継続的に行なってみましょう。継続は力なり♪

足首は身体を支える大切な部位です。痛みの根本原因となる身体の歪みの原因を作っている、いわば黒幕です。

是非、適度なセルフケアを行い、身体の土台ともいえる足首をしなやかに保ちましょう。

あなたがもしそれでも、改善の余地が見られない場合は当院にお任せください。

※当院の詳細は以下をご確認ください。

料金表はこちら  お問い合わせはこちら

私は嘘つきかもしれませんが、患者様はこう言っています↓

病院に行っても治らなかった膝の痛み


私はこんなことをしています↓

新宿区『味わう整体院』早稲田駅前整体院yabecafeは慢性症状専門の整体院です。

当院の施術イメージ及び院内のイメージがお分かりいただけるインタビュー形式の動画です。

↓↓↓

www.youtube.com

東京メトロ東西線早稲田駅徒歩30秒。

Tel:03-6228-0355 (スマホからタップできます)

料金表はこちら  お問い合わせはこちら

お得な情報が手に入るLINE@公開中!!

【早稲田駅前整体院 LINE@ご登録方法】
1.「LINEアプリ起動」→「友達追加」→「ID/電話番号検索」
→下のLINE IDを入力して友達追加!
「@xqs6295m」

友だち追加

この記事を書いた人
この記事を書いた人
矢部 直人(ヤベ・ナオト)
カラダバランスナビゲーター。

早稲田駅前整体院yabecafe主宰。
これまで23,000人以上の腰痛、肩こり、頭痛の 悩みを解決してきた人気整体師。 現在、芸能人、一流アスリートや エグゼクティブや経営者、プロの治療家も数多く施術。